「手元に残るもの」

2010.08.25 Wednesday

0
     いや〜相変わらず暑いね。
    引き篭もり人な私は毎日エアコンの効いた部屋に立て篭もっております。

    だって、直射日光はお肌に悪いしね。


    うんうん…
    どうでもいいことですが、そんな日々を過ごしていると色んなことを考えちゃうわけです。

    特にお盆前に出向いた「秋葉原電気外祭り」の影響もあると思うのですが、


    「手売り」がやりたくて仕方ないわけだ!


    いつもウチでは基本デジタル主体の仕事をしているわけで…
    3DCGにしても、イラストとかにしても。
    ほとんど紙をデザイナーは使っていない。
    たぶん一番使っているのはオイラで、請求書とか見積書とかそういうのを
    作るのに使っているわけだな。

    これがアニメ系の会社になると…紙に描き描き…お伺いすると…
    なんだかノスタルジックな気持ちになりまする。

    確かにデジタルでデータを作成するのって便利なんですが…
    まぁ、そんな感じでアナログな仕事をしていないと…


    手元に残るものを作りたくなるのです!

    作ったものが残るのはホントにいいよねぇ。
    デジタルだとデータ納品だし…確かにPC上で見れるけどさ。
    グッズとか作って、自分たちで一生懸命ユーザー様に売っているメーカーさんをみると
    うらやましぃなぁと。


    受注データ作成会社には適わぬ望みなのです…(´・ω・`)ショボーン


    やっぱりイイヨネ。
    カタチあるものが手元に残るのはさ。

    じゃあ、作れ!って感じなんですが、もちろんお金にならなきゃならないですorz
    だって、企業だもんね。

    ふぅー書いてて、心が痛い。
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL