calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

categories

archives

twitter窓

WEB拍手

ブクログ

【新サービス】:「会員ランク制をスタートします!」

先日からお伝えしておりました、
通販会員向けに新しいサービスを導入します。 
導入するのは「会員ランク」です。 
昨年より割引券などのサービスをいろいろ試してきましたが、 
今まで「常連様」向けのサービスが不足しておりました。 
今回導入する「会員ランク」は年間で多く買うお客様ほど 
サービスされるという仕組みです。

本日よりすたいらす通販会員には 「会員ランク」が割り当てられます。 
1年間の抱き枕カバー・クッションカバーなどの購入枚数に応じて 
「会員ランク」が上がっていき、ランクごとにサービスを 
受けられるというものです。 
枕カバー及びタペストリーは0.5枚換算、 
毎年恒例の抱き枕カバーセットは1.5枚換算となります。
アウトレット商品については換算の対象となりません。
つまり0枚換算です。

初期は全員「ブロンズ」会員からスタートになります。 
現在最終的なルール決めを行っております。 
下記のようなイメージで考えております。 
ご意見など頂けると幸いです。 
※内容については予期なく変更が加わる可能性あります。
 とりあえず、この形でスタートさせてもらいます。
 いろいろ試行錯誤していきたいと思います。
 基本的にはより良い内容にするために変更を加えます。

〇ブロンズ会員……初期段階はこちらから 
※受けられるサービスはありません。

〇シルバー会員……該当期間購入数10枚 
※次回購入時より会員割引5%が適応されます。

〇ゴールド会員……該当期間購入数30枚 
※次回購入時より会員割引10%が適応されます。
※来年の「会員ランク」が「シルバー会員」よりスタートとなります。
 ただし、期間購入枚数は0枚からスタートとなります。

〇プラチナ会員……該当期間購入数50枚 
※会員割引10%が適応されます。 
※50枚に到達した時点で、抱き枕カバーorクッションカバーの 
在庫があるものを1枚プレゼント(選んで頂きます)
※来年の「会員ランク」が「ゴールド会員」よりスタートとなります。
 ただし、期間購入枚数は0枚からスタートとなります。

〇チタニウム会員……該当期間購入数70枚 
※会員割引10%が適応されます。 
※70枚に到達した時点で、抱き枕カバーorクッションカバーの 
在庫があるものを1枚プレゼント(選んで頂きます) 
※来年の「会員ランク」が「ゴールド会員」よりスタートとなります。
 ただし、期間購入枚数は0枚からスタートとなります。
※他何か、もう一つサービスは考え中
 おそらく、誰もいないと思われますが……何か考えます。。。

通常「会員ランク」は1年ごとにリセットされ、 翌年「ブロンズ」に戻ります。
「ゴールド」ランクの方は翌年「シルバー」から。
「プラチナ・チタニウム」のかたは翌年「ゴールド」からスタートとなります。
ただし、購入枚数は0枚にリセットされますので、
初期段階から割引を受けられる優遇がありますが、
上のランクに上がるためにはその年の購入枚数がそのランクに到達しなければ
上がらない形となっております。 
2016年は以下のイメージで運用予定です。

〇購入枚数集計期間〜2016/01/01〜2016/12/31 
※入金確認ができた時点で集計されます。

〇会員ランク有効期間〜2016/04/12(サービス開始時)〜2017/01/31 
※「会員ランク」は2017/02/01にすべてリセットされます。

※上位会員ランクの適応には3営業日ほどかかります。 
※委託商品や特価・アウトレットなどの商品に関しては会員割引は適応されません。

という形で進めてまります。
何か質問点などありましたら、お気兼ねなくご連絡頂けると幸いです。


コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2016/05/17 4:37 PM
いつもお疲れ様です。
会員割引について質問があります。
『※委託商品や特価・アウトレットなどの商品に関しては会員割引は適応されません。』とありますが、
『華枕』シリーズも委託となるのでしょうか?
  • れんと
  • 2016/07/01 10:38 AM
>れんと様

お問い合わせありがとうございます。
華枕シリーズについては会員割引が適応されます。
適応されない!などございましたら、
ご連絡いただけると幸いです。
  • メンタンピン良いコッコ
  • 2016/07/02 12:42 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック