「製作会社は制作会社なりたい」

2010.08.27 Friday

0
     「製作」と「制作」は似て非なるものだと思っている。
    その差は実際、非常に大きいものだ。

    当然なんだが、ウチの会社は下請け製作会社である。
    「製作」とはまぁ、モノづくりの仕事なんだけど、基本作業主体の仕事だと思う。
    いわゆるクライアント様がいて、その作りたいものをできるだけ
    リーズナブルな予算で、できるだけハイクオリティで納品する仕事のことだ。
    つまり


    最終判断に関しては僕らに全く権限も何もない!


    仕事のことだと考えてね。
    悪い言い方をすれば、言われたことをちゃんとやる仕事だ。
    こういう表現の仕方をするとつまらない仕事だと思われガチだけど
    別にそんなことはない、やりがいもあるし、クライアント様や
    そのクライアント様が抱えるユーザーが喜んでくれると非常に満たされる。
    それに何よりもウチみたいな下請けにはリスクが少ない。

    クライアント様-ほとんどの場合、メーカー様や下請けの上位の会社は
    クオリティ管理の責任もあるし、まず第一に製作予算を負担するという
    物凄いリスクを抱えてるわけだから。
    そんなリスクお構いなしで、仕事ができているから、これは非常にありがたいことです。


     ただ、もちろん色々嫌なことも経験するのです。
    安い金額で、死ぬほどこき使われたり、秋の空のようにクルクルと指示が変わって、
    いつまで経ってもできあがらなかったり、いつの間にか予算も増えないのに
    ドンドン仕事ばかり増えていったり…そういうこともあります。

    でも、結局はメーカー様と違って、自分たちでリスクを取っていない以上、
    仕方ないんです、それくらいの気合がないとイケナイということ。
    その気合がないのに、ウダウダ言っても仕方にないなぁと。

    だから、自分たちでリスクをとって、コンテンツを制作していく


    メーカー様を心から尊敬しております。


    やっぱりメーカーこそ、クリエイティブといわれる仕事なんだと。
    いかにいいデータを作っても、それは商品ではないのです。
    素晴らしいネジを作っても、ユーザーはそれによって作られた商品の良し悪しを
    語ると思うわけです。
    それはコンテンツの世界でも全く同じことではないかと…


    でも、そういった仕事に携わるものとしては
    やっぱり自分たちオリジナルなものを作って、食べていきたい…
    こんなジレンマを常に持ちながら、日々の業務を遂行してるわけ。


    そんなこんなで少しずつですが、オリジナルゲームを作ろうとしております。
    さらに、それだけでは飽き足らず、オリジナルグッズも作ったり…
    やっぱり新しいことにチャレンジするのは


    ドキドキ・ワクワクするねぇ


    折角だから楽しんだもの勝ちということで行きたいなぁと。
    仕事も私生活も充実させてたほうがいいでしょ。


    で、一部twitvideoでキャラデザなんかを公開していますが、
    そのなかのキャラの独り↓

    エクシア立ち絵

    の抱き枕とか作ってみようかと。

    「なぜ、抱き枕?」というツッコミは華麗にスルーする(えっ…)として、
    もちろん、会社なので、せめてトントンじゃないと製作できないわけね。
    欲しい人が集まったらモノにするよ。
    素材は最高級しか眼中にないので、きっとそこそこ金額します…(´・ω・`)ショボーン
    製作工程などはのんびり、ブログで報告、twitterで報告するね。


    早速キャラデザイナーにお願いして、表面をラフを起こしてもらった…

    エクシア抱き枕-ラフ

    うん、仕事が早い。
    さてさて、お見積もりなども調べないとね。
    あと、線画を仕上げていく前にデータ入れの仕様も調べないとなぁ…

    裏面はどうなるかって?
    そりゃポロリもあるかもよ…( ̄ー ̄)ニヤリ
    でも、そんなの作ってたら親から怒られちゃうかも…

    「季節はずれのサクラサク…」

    2010.08.26 Thursday

    0

       猛暑が続くここ数日ですが、ウチの会社には季節はずれのサクラが本日届きましたよん。



      「さくらさくら-HARUURARA-」それも限定版でし♪ヾ(。・ω・。)ノ゙

      二人のさくらの間で、揺れ動く優柔不断主人公のおかしなおかしな三角関係ゲーム。
      もともとPCアダルトゲームなんだけど、ついに家庭用PSPに移植なのだぁ。

      なんだぁ、エロゲーか…と一蹴しようとしている君たち!
      ちょっと待ちたまえ。

      家庭用に移植されるわけですから、本作はそんなにエロくありません (えっ…
      痛快なテンポで、二人のさくらにヤキモチを焼かれまくる主人公と
      その周りが繰り広げるハイテンション群像劇なのです。
      プレイしているだけで、なんだかほんわか楽しい気持ちになってきます。


      なんんかこうゆう青春時代を送りたかったなぁ…みたいなね…(´・ω・`)ショボーン


      さらにストーリーだけではなく、UIデザインなんかも非常に洗練されていて
      オシャレに仕上がっているだけではなく、痛快なテンポで、ギャグとカットイン…
      ハイセンスですわぁ。


      夏休みの終わりにぜひプレイしてみてね。
      おじちゃんはノスタルジックな気持ちでいっぱいだぜ。


      >>>それとこちらもよろしく♪


      ウチでデザイン製作を行った


      「さくらさくら-WELCOME!」携帯着せ替えカスタムツール

      8/2(月)より、Docomo/au/Softbankの3キャリアで配信しております。
      春先より一方的な僕のお願いにハイクオソフト様から許可が頂けました。
      PSPソフトが出るタイミングに合わせて配信できて嬉しい限りですよん。

      以下の遷移から、配信サイト【AKIBA系★公式カスタム】選択してね。

      ・【docomo】メニューリスト⇒きせかえツール⇒キャラクター
      ・【au 】カテゴリーで探す⇒待受・画像・キャラクター⇒EZケータイアレンジ
      ・【SoftBank】メニューリスト⇒壁紙・きせかえアレンジ⇒きせかえアレンジ

      価格は525円(税込み)です。
      自社自賛だけど…素敵なデザインに仕上がっております。
      デザイナーがんばっております。

      ちなみにハイクオソフト様から、プレゼントも頂きまして…
      秋葉原電機外祭りなどで先着者しかもらえなかった…

      「さくらさくら」ICカードステッカー
      (サンプルはハイクオソフト様のHP内ブログとかで確認してみてね!)
       
      を抽選で5名様に同携帯サイト内でプレゼント中です。
      簡単なアンケートに答えるだけで応募可能なので、ドシドシ応募してね。
      8/30(月)までですよん♪


      って、結局最後は宣伝かよ…てな感じですが、これからも宣伝していきます。
      しかし、自分の持ってる携帯は古すぎてね…SH904i
      対応してなくて、着せ替えできないとは誰にも言えない…(´−ω−`)

      「手元に残るもの」

      2010.08.25 Wednesday

      0
         いや〜相変わらず暑いね。
        引き篭もり人な私は毎日エアコンの効いた部屋に立て篭もっております。

        だって、直射日光はお肌に悪いしね。


        うんうん…
        どうでもいいことですが、そんな日々を過ごしていると色んなことを考えちゃうわけです。

        特にお盆前に出向いた「秋葉原電気外祭り」の影響もあると思うのですが、


        「手売り」がやりたくて仕方ないわけだ!


        いつもウチでは基本デジタル主体の仕事をしているわけで…
        3DCGにしても、イラストとかにしても。
        ほとんど紙をデザイナーは使っていない。
        たぶん一番使っているのはオイラで、請求書とか見積書とかそういうのを
        作るのに使っているわけだな。

        これがアニメ系の会社になると…紙に描き描き…お伺いすると…
        なんだかノスタルジックな気持ちになりまする。

        確かにデジタルでデータを作成するのって便利なんですが…
        まぁ、そんな感じでアナログな仕事をしていないと…


        手元に残るものを作りたくなるのです!

        作ったものが残るのはホントにいいよねぇ。
        デジタルだとデータ納品だし…確かにPC上で見れるけどさ。
        グッズとか作って、自分たちで一生懸命ユーザー様に売っているメーカーさんをみると
        うらやましぃなぁと。


        受注データ作成会社には適わぬ望みなのです…(´・ω・`)ショボーン


        やっぱりイイヨネ。
        カタチあるものが手元に残るのはさ。

        じゃあ、作れ!って感じなんですが、もちろんお金にならなきゃならないですorz
        だって、企業だもんね。

        ふぅー書いてて、心が痛い。